ネット旅行 > オセアニア > オーストラリア > 世界遺産 > ウルル-カタ・ジュタ




sponsored link


ウルル-カタ・ジュタ国立公園 旅行データ

ウルル-カタ・ジュタ国立公園」(Uluru-Kata Tjuta National Park)

ウルル-カタ・ジュタ国立公園は、オーストラリアのほぼ中央にある国立公園です。

地球のへそと呼ばれるウルル(エアーズロック)と、

同じく岩石の山であるカタ・ジュタ(オルガ山)があることで知られています。


また、アボリジニの聖地の一つでもあり、

公園はアボリジニ民族の所有地となっています。


1987年に「ウルル-カタ・ジュタ国立公園」として、

ユネスコの世界遺産に登録されました。1994年に登録範囲拡張。

(出典:ウィキペディア)

オーストラリアのお土産一覧を見る→

■ sponsored link



■ ウルル-カタ・ジュタ国立公園の地図

  • 右上の「写真」をクリックすると衛星写真に、「地形」をクリックすると地形図になります。
  • 左上の矢印で移動、「+」でズームアップ、「-」で広範囲を表示します。


■ ウルル-カタ・ジュタ国立公園の写真

(出典:Flickr)


■ ウルル-カタ・ジュタ国立公園の旅行動画


■ オーストラリアの世界遺産

旅行先検索 

ネット旅行.comに
収録されている旅行先を
名前別で検索できます。